アラートの表示

赤字:JavaScriptの命令や重要なタグ/青字:用途に応じて変更する部分/緑字:変更可能な変数名やユーザー関数名


戻る

実例

例文

<form><input type="button" value="ご挨拶" onClick="alt()"></form>

<script type="text/javascript">
function alt() {
	alert("ようこそJavaScriptのページへ!\nこのサンプルは初心者でも簡単にJavaScriptが使えるように応援しています。");
}
</script>

解説

 ボタンを押すと alt() というファンクション(プログラム)を呼び出すようになっています。
 alert(文字列) と用意するだけで、簡単にダイアログを表示させることが出来ます。
 文字列の中で改行をするときは「\n」を使用します。

応用

 alert の次の行に 前項の document.location の行を追加すれば、ダイアログを閉じた後、ページを切り替えることが出来るようになります。

 alertを使った場合、スクリプトの動作が一時的に停止します。同じようにダイアログを表示して選択肢を表示する関数にcomfirmがあります。これは「フォームの送信前に確認する」で解説します。

 スクリプトの動作を止めずに、画面に表示する方法もいくつかありますので、それらを簡単に紹介しておきます。別ウィンドウフレームへの表示は別の項目で解説しています。

<form name="form_name"><input name="field_name" type="text"></form>
<span id="id_name"></span>
<script type="text/javascript">
//その位置に表示:<script>の位置に出力 document.write("例文1"); //ウィンドウタイトルに表示 document.title = "例文2"; //ウィンドウステータスに表示:ブラウザの設定で制限している場合は不可
window.status = "例文3"; //フォームに表示:<form>と<input>を使用 document.form_name.field_name.value = "例文4"; //HTML内に組み込んで表示:<div>または<span>を使用 document.getElementById("id_name").innerHTML = "例文5"; </script>

戻る